花火 /作詞作曲NAOLUNA

無邪気に笑うあなたを見ていたら何故だか

不意に涙が溢れたの 太陽に向かって走った

 

花火が見えた 空に咲き乱れ 淡い時間よ

もう一度心をもどかしくする

どこか懐かしいどうしてこんなに切ないの

 

子供の頃は夏が終わらない気がしてた

今ではこんな一瞬に過ぎ去ることに慣れた

 

花火が消えた 記憶のフィルムに 繰り返される時代の今ここに

何を味わって何を残していく 目を閉じればみんな同じ世界

 

 

花火が咲いた 夢が枯れるとき 素敵な生涯だったなんて

言えるように笑えるようにあなたの側で眠りにつきたい

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • soundcloud
  • YouTube
  • iTunes
  • Twitter

問い合わせ : ​vivienne70.4.8@gmail.com / NAOLUNA music /JAPAN